こんにちは、こよなくウマを愛する瀬戸です。

今年も残すところあとわずかとなってしまい、めっきり寒くなってきました。
でも鍋物がウマい今日この頃です! あとパッチもかかせないですね。。。

ウマの戦績はというと・・・統計をとってみたら今年も惨敗っすね。。(まだ年末もありますが)
来年こそは!!! っと意気込んでます。

ウマの話をすると長くなってしまうので、本題へ

先日、コラボフロー 2.5.1 がリリースされました!!

コラボフロー 2.5.1では、タスク依頼経路アイテムで、
タスク依頼の「タスク名」や「依頼メッセージ」に、
転記元申請書のデータや文書番号などを挿入できるようになりました。

設定はとても簡単です。

ますはタスク依頼の経路アイテムを開いてっと。

次に、新たにデータや文書番号を追加できるようになった
「タスク名」と「タスク依頼時に付与するメッセージ」に好きなデータを追加します。

設定はたったこれだけです。
すごく簡単ですよね。あとは申請して、タスク依頼の経路アイテム通過を待つだけです。

では簡単に下図のような内容で申請してみます。

経路アイテムを通過したのを見計らって、一覧を見てみましょう!

タスク名には経路アイテムで設定された、「依頼:[fid1]の[fid2]について」と表示されるようになっていますね。

ではどのようなメッセージが表示されているか見てみましょう。

タスクの中をのぞいてみると依頼メッセージが設定通りに表示されていることが分かります。

このようにパーツキーワードを選択設定して、色々な様式をお試し、ご利用ください。

これからも進化し続けるコラボフローをよろしくお願いいたします!
それでは皆様、体調にはくれぐれもお気をつけください。