コラボフロー for kintone

kintoneとのデータ連携で
さらに広がる運用

kintoneアプリのデータをコラボフローでの申請時に利用。 承認された結果を再びkintoneアプリへ自動登録。
kintoneアプリ同士のデータをコラボフローが繋ぐことで、意思決定を加えたデータを登録することができます。

簡単らくらく連携設定

kintoneからデータを直接参照

申請時にkintoneのデータを直接参照して自動転記。 各項目の関連付けがかんたんに設定できます。

kintoneへ承認結果を自動登録

コラボフローで承認された結果をkintoneアプリへ自動で登録させる設定も、専用パーツで楽々設定完了。

ワークフロー専用製品の機能でkintoneを強化

  • 代理申請 / 承認
    代理申請 / 承認
    他ユーザーの代理人として申請や、自分の代理となる承認者を指定できます。
  • リアルタイム分岐
    常に最適な経路へ
    承認段階の途中で追記・変更されたデータにも即応し、リアルタイムで分岐を判別し処理を行います。
  • 印影表示
    印影表示
    印影を表示することができます。
  • 版管理
    版管理
    申請書の版を管理し、過去のデータは過去の形のままで保管します。
  • 決裁データ改ざん防止
    決裁データ改ざん防止
    決裁データは改ざんされない形で保管され、申請フォームを変更しても過去データは変わりません。
  • イメージ通りに
    イメージ通りに
    Excelファイルの既存フォームを見た目そのままでwebフォーム化。
  • 帳票出力
    帳票出力
    決裁された申請データをExcel,pdf形式で出力します。
  • シンプル経路設定
    シンプル経路設定
    1つの申請経路で全部署をカバー。部署ごとの経路作成は不要です。

具体的な連携例

コラボフロー for kintone では、
下図のような売上報告ワークフローをかんたんに構築することが出来ます。

具体的な連携例
  • 複数のkintoneアプリのデータと連携して、コラボフローの申請書上でそれらのデータを利用することができます。
  • 承認処理などは、コラボフローの機能を使い、承認、決裁情報をコラボフロー上で管理します。
  • 承認処理が終わったタイミング(途中でも可)で、コラボフローに用意されたkintone連携パーツを使って、kintoneアプリのデータを更新します。

例えばこんな業務で

予実管理

予算申請や執行申請をコラボフローで、予算残や予実状況をkintoneで管理します。

予実管理図

契約管理

更新時期の通知から、契約許可後の製本押印、契約先調印後の控え受理、ファイル保管まで全ステータスを管理

契約管理図

まずは無料で
体験
してみませんか?