こんにちは。

久しぶりにモンハンやってますkitoです。

やっとHR100を超えました…。

マルチなしの太刀のみで頑張っております。

それにしても、進化しすぎて驚きです(笑

以前やっていたのはお守り掘ってた頃で、その頃とは全く別物。

ここまで快適でいいんですかってくらい考えて実装されているっ!

さて、狩りの話はここまでにして本題に入りまっす!

ひと連携しようぜ!Integromat!!

とある日、前回のブログ当番のGentaが

Zapierを超えるやヴぁいサービスを見つけたとkintoneピープルにつぶやいているのを目にしました。

そう、そのサービスがIntegromat(インテグロマット)!

どれどれ?と軽い気持ちでいくつかの動画をみてみたところ、、、

連携内容が分からないほどに各種サービスと繋がりまくってます(笑

なるほど、これは確かにやヴぁそうだ!という事で早速試してみました。

kintoneでプロセス管理の値に応じてスペース投稿内容を変えてみる

kintoneのレコード変化に応じて

スペースにメッセージを通知する仕組みを作ります。

先の動画で出てくる分岐(Router)を使い、

kintoneのプロセス管理の値で分岐させてみます。

イメージは、↓な感じ。

1. kintoneアプリからWebhookを受け取る

2. 受け取ったレコード情報のプロセス管理の値で分岐

3. 分岐した先から、kintoneスペースへコメント

シナリオの作成

いくつか設定動画をみたところ(youtubeの日本語字幕推奨)

ダッシュボード右上のシナリオ作成から、

必要なモジュールを配置して設定していく感じ。

それでは早速、シナリオ作成をぽちっとな!

利用するモジュールを選択する画面が表示されますが、

Continueクリックして早速シナリオ設定画面へ!!

起点の設定

クリックして最初のモジュールを設定してねとの事。

クリックして起点となるWebhookモジュールを配置します。

Webhookモジュールの設定

Custom Webhookを選択して、①Addから②Webhookに名前を付けます。

③保存すると、Webhook用のURLが発行されます。

IntegromatのWebhookが待ち受けの状態になっているので、

kintone側でWebhook設定し、受け取る情報を認識させていきます。

※CopyボタンからURLをコピーできます。

kintoneのWebhook設定

コピーしたURLをkintoneのWebhookに設定して、kintone側でレコード登録すると…

Integromat側が受け取り成功に変わりました。

これでWebhookの設定は完了!!

ルーターの配置

つづいて、分岐の設定を行っていきます。

画面下部のToolから、Routerを選択して配置し、

クリックで2つに分岐させます。

フィルターの設定

分岐先のスパナアイコンをクリックして、フィルターの条件を設定します。

kintone側の情報を利用して、

プロセス管理の値を条件に以下のようにフィルターしてみます。

※先ほどのWebhook設定で受け取ったkintone側の情報が利用できます。

・分岐A:プロセス管理のステータス値が「完了」ではない

・分岐B:プロセス管理のステータス値が「完了」である

kintoneスペースへコメント投稿

分岐先でkintoneスペースへの投稿を設定します。

HTTPモジュールを配置して、Make a requestを選択。

スペース投稿APIの仕様に合わせて設定していきます。

※Show Advanced Settingsから詳細設定を表示させて、認証情報も設定

・分岐Bの場合のコメントは以下の通り。

※1つ設定してから、クローンすると便利~

完成!

て事で、シナリオ完成~

設定後の全体図はこんな感じ!

動かしてみる

画面下部の Run ONCE をクリックして、作ったシナリオを実行状態にします。

kintone側でレコード登録してプロセス管理を進行させてみると、、、

おぉ、ちゃんとステータスで分岐されて投稿できてる~

まとめ

いかがでしょうか。
英語を読み解かねばなりませんが、慣れちゃえば大丈夫な感じです。

類似サービスとの機能比較表で、全ての機能に○がついている通り、
とにかく何でもできる感がすごいです。

・Integromat comparison to other similar services

何といってもシナリオ(ZapierでいうZap)無制限は大きいのではないでしょうか。

ハブサービスどれにしようか迷っている方、Integromatお勧めですよ~!

それでは、また!!